オススメのケアアイテム(UV&CCクリーム)
この季節にオススメのケアアイテム 紫外線ダメージから肌を守り、透明感のある肌へ導くスキンケアアイテム この季節にオススメのケアアイテム 紫外線ダメージから肌を守り、透明感のある肌へ導くスキンケアアイテム

“スキンクリーム”生まれの
日焼け止め

スキンクリーム生まれの日焼け止め
ア リトル ア ロット
UV エッセンスクリーム

詳細を見る

SPF42の化粧下地
CCクリーム

SPF42の化粧下地CCクリーム
ア リトル ア ロット
CC クリーム

詳細を見る

シミや乾燥の原因となる紫外線を防ぎながら肌の潤いを守るスキンクリーム生まれの日焼け止め

シミや乾燥の原因となる
紫外線を防ぎながら
肌の潤いを守る
“スキンクリーム”生まれの
日焼け止め

ア リトル ア ロット UV エッセンスクリーム

  • ¥3,300(税込)

〈日焼け止め〉〈SPF46/PA++〉50g

商品特長

BRIGHTNING CARE 紫外線トラブルに必要な成分×SELECT AROMA 気持ちに寄り添う香り

『UV エッセンスクリーム』は、SPF46/PA++で、シミや乾燥などの紫外線ダメージから肌を守るだけでなく、出雲の温泉水*1や4種の植物由来美容保湿成分*2配合で、肌の潤いをキープし、なめらかに整えます。肌にスッとのび広がる心地よい密着感のクリームが、日焼けによるシミ、そばかすを防ぎ、透明感のある肌へ導きます。汗やベタつきが気になる季節にも 100%天然由来のピースフルアロマが心地よく香ります。

*1 保湿
*2植物由来美容(保湿)成分(テマリカタヒバエキス、ブドウ果実エキス、ユキノシタエキス、ハトムギ種子エキス)

商品特長(成分)

●肌悩みに合わせた“植物由来美容(保湿)成分”配合
テマリカタヒバエキス、ブドウ果実エキス、ユキノシタエキス、ハトムギ種子エキス
●出雲の温泉水(保湿)
●合成着色料フリー
●アレルギーテスト済み
(全ての方にアレルギーが起こらないということではありません)

商品特長(香り)

気持ちに寄り添う香り〈100% 天然由来香料〉

〈香り名〉
ピースフルアロマ/ peaceful aroma(控えめな香り)
やわらかな香りで、心地よいリラックスタイムを。

ラベンダー・ローズマリー・ベルガモット・オレンジ

使用方法

化粧水や乳液などで肌を整えた後、適量を指先にとり、顔、首、デコルテにのばしてなじませます。
使用量が少ないと紫外線防止効果が得られにくくなるため、充分な量をムラなくのばしてください。日焼け止め効果を保つために、汗をかいた後やタオルなどで拭いた後などは、こまめにつけ直してください。

●SPF表示及びPA表示は、国際的に定められている標準塗布量に従い測定した値です。

肌色が普通色~白めの方へ/
やや明るめな肌色仕上がり

ア リトル ア ロット CC クリーム ピンク

ア リトル ア ロットCC クリーム ピンク

  • ¥3,300(税込)

〈メイクアップベース〉〈SPF42 / PA+++〉30g

肌の潤いを守りながら、気になる毛穴やくすみをカバーして血色のよい明るい肌へ。

肌色が普通色~濃い目の方/
自然な肌色仕上がり

ア リトル ア ロット CC クリーム ベージュ

ア リトル ア ロットCC クリーム ベージュ

  • ¥3,300(税込)

〈メイクアップベース〉〈SPF42 / PA+++〉30g

肌の潤いを守りながら、気になる毛穴やシミ、色むら、赤みをカバーして透明感のある肌へ。

商品特長

『CC クリーム』は、毛穴やくすみ*3などの肌トラブルをカバーしながら、肌の潤いを守り、みずみずしく健康的な素肌感に仕上げます。化粧下地・肌色補正・日焼け止め効果を兼ね備え、紫外線トラブルを防ぎながら肌悩みをカバーし、透明感のあるツヤ肌に導きます。(SPF42/PA+++) 

*3 乾燥やキメの乱れなどによる

商品特長(成分)

●肌悩みに合わせた“植物由来美容(保湿)成分”配合
テマリカタヒバエキス、ブドウ果実エキス、オリーブ葉エキス、シャクヤク根エキス
●出雲の温泉水(保湿)
●パラベンフリー
●アレルギーテスト済み
(全ての方にアレルギーが起こらないということではありません)

商品特長(香り)

気持ちに寄り添う香り〈100% 天然由来香料〉

〈香り名〉
ピースフルアロマ/ peaceful aroma(控えめな香り)
やわらかな香りで、心地よいリラックスタイムを。

ラベンダー・ローズマリー・ベルガモット・オレンジ

使用方法

チューブから指先にパール1粒大をとり、顔の5か所(額・両頬・鼻・あご)においてから指先で全体にのばします。ファンデーションをつけない場合は、さらにパール1粒大を紫外線が当たりやすい目の下、鼻筋、頬を中心に重ね付けしてください。
使用量が少ないと紫外線防止効果が得られにくくなるため、充分な量をムラなくのばしてください。

●SPF表示及びPA表示は、国際的に定められている標準塗布量に従い測定した値です。