News

Guest Interview

update

[HER LIFE STORY’S #1]
-大社カリンさん-
自分の肌を知ることは
キレイへの第一歩(スキンケア編)

モデルだけでなく、イラストレーター・画家としても活動する大社カリンさんに、日々のスキンケアへの考え方、日常生活において“香り”へのこだわりなど、女性としての美しく生きるためのケア方法をうかがいました。

日々の暮らしの中で自分の気持ちがどう動いたかを大事にすることで自分を知ることができた、と話す彼女。スキンケアもまずは自分の肌を知ることで、本来の自分が持つ “自然な美しさ”を引き出すことができるはず。

効果的なスキンケアを模索するために、まずは自分の肌を知りたい

大社さんは、今スキンケアに関して、“自分の肌に何が合うのか?”をいろいろ模索しているとのことですが。

そうなんです。肌質って人それぞれ違うじゃないですか? それに日によってコンディションもガラリと変わってしまうもの。だから、今はいろんなものを試して自分の肌を知ろうとしているところなんですよ。この成分が合わないとか、こういうときに異常が起こりやすいとか。効果的なスキンケアとか、自分に合った美容習慣を見つけたるめにも、まずは自己分析が大事かなって。

なるほど。いろんなものを試されている中、「a LITTLE a LOT(ア リトル ア ロット)」は使ってみていかがでしたか?

今の私にスゴくぴったりなコンセプトだなって。肌の悩み別にアイテムが揃っていて、肌悩みや気持ち、そのときの状態によって使い分けましょう!っていう提案がすごい魅力的でした。

今、使わせていただいているのが、テカリや皮脂の崩れが気になったりするけれど、乾燥も気になるという人に向けた「BALANCE CARE LINE(バランスケアライン)」。化粧水はとてもさっぱりしているんですけど、乳液をつけたあとはモチっとした感覚で使い心地も良かったです。

これから冬にかけて乾燥が気になり始めたら、かさつきや乾燥トラブルが気になる人用の「MOIST CARE LINE(モイストケアライン)」を使ってみたいなあと思っています。季節ごとに変えて使うのも良さそうですね。

香りはいかがでしたか?

香りもいいですよね。初めて試したときに「すごい気持ちいい!」って感じたんです。リラックス系の香りだから、きっと気持ちや気分にも作用してるのかなって思ったんですけど、「気持ちがいい」って思えると、スキンケアの時間がまた変わってきますよね。

どう変わってきましたか?

スキンケアって、面倒に思ってしまうこともあるんですよね。疲れている日なんて特に……(笑)。でもこうやって香りがいいと、スキンケアがリラックスの時間になって、待ち通しくなってくる。実際、この商品を使ってるときは、自然とパッティングしてる時間が長くなります(笑)。

私にとって“香り”とは、気分が動かしてくれるもの

日常生活において“香り”にこだわりがあったりするのでしょうか?

そうですね。私の場合、服装とか会う人によって“香りを変えること”がこだわりかも。例えば、パーティーシーンでそれに合わせた華やかな格好をしていたら、香りもそれに合わせて女性っぽい香水をつけるし、ジーンズにTシャツにキャップみたいなカジュアルファッションのときはユニセックスな香水をつけたり。好きな人に会うときは、自分の好きな香りで会うとか。意識してつけてるというよりは、その服を着たとき・その人に会うときの自分の気持ちがその香りってことなんですけどね。

香りって記憶とも結びつくことがあるじゃないですか? この匂いを嗅ぐとコレを思い出す……みたいな(笑)。

例えば、雨上がりの匂いにこの香水の匂いが混ざって、ちょっと昔のことを思い出して、感情がつき動かされる……みたいなのもスゴく好きですね。そういう意味でいうと、私にとって“香り”って気分が動かされるものなのかもしれません。

ライフスタイル編はこちら

PROFILE

大社カリン

1993年生まれ。モデルとしてファッション誌や広告などに出演する傍ら、アーティストとしても活動。 2018年12月に開催した絵画個展では2日間で280名の来場者を記録。 独特な感性を生かしたライフスタイルが同性からの支持を集める。
Instagram:@in_karin