COLUMN

香りで気持ちもスイッチが入るって本当⁉

美容のプチ情報

美容のプチ情報:美容のススメ④

昨年から生活スタイルが変わり、おうち時間を楽しむことにも慣れてきました。でも、最近なんとなく、ファッションや美容に関して「ズボラ化してきたなぁ~」って思いませんか?コロナ疲れで知らず知らずのうちに、気持ちに変化がでているのかも・・・。

今回は生活シーンに合わせて、気持ちスイッチの入る香りをご紹介します。

そもそも、香りで気持ちが変わるのか!?
それは、人間の五感の中で唯一「嗅覚」は喜怒哀楽などの感情や本能、記憶を司る脳の大脳辺縁系に
直接働きかけるので、何の匂いかを認識する前に、心地よい香りか否か、好きか嫌いかを先に感じるそうです。
だから「いい香り」や「好きな香り」を嗅ぐと、楽しい気分になったり、とても懐かしい気持ちになります。
自律神経を司る視床下部にも直接働くことから、香りの作用で気持ちが切り替えられるのです。

【シーン別に気持ちスイッチの入る香り】

◆朝起きた時には、
グレープフルーツ・ペパーミント・ティーツリー・レモンなど。
すっきりしたさわやかな香りで、気持ち良い一日をスタート。

◆勉強や仕事の時には、
ペパーミント・レモン・ローズマリー・レモングラスなど。
テンションが上がり元気に!集中して効率UP!

◆睡眠前には、
ラベンダー・ベルガモット・ネロリ・イランイラン・ゼラニウムなど
ゆったりとした香りでリラックスタイムに。

この機会に香りを取り入れ、メリハリのある生活を取り戻しませんか。