COLUMN

部屋が明るいのは紫外線のせいって本当!?

美容のススメ

美容のプチ情報:美容のススメ②

おうち時間が増えた今、一日中すっぴんのまま過ごすこと増えていませんか?
毎日メイクをしていた時にくらべたら、肌は休まっています。でも、すっぴんの大敵・・・「紫外線」の存在を忘れないでくださいね。家の中にいる時にも紫外線をじわりじわりと浴びているかもしれません。
肌に紫外線ダメージが蓄積されてしまう前に、肌を守る効果的な日焼け止めの使い方をご紹介します。

【地上に届く2種類の紫外線の性質】

紫外線量の95%はUVA波で、肌の奥の真皮まで到達し、コラーゲンやエラスチンを変性させ、光老化(シワ・たるみ)の原因に・・・。一方、UVB波は肌表面に赤みや炎症を引き起こし、メラノサイトが刺激され、シミ・そばかすの原因に・・・。 家の中にいる時も、窓ガラスやレースのカーテンをすり抜けて入ってくる「UVA」に要注意!

【UVAから肌を守る3つのポイント】

①家の中で自然光で本が読めたら、UVAが届いているかもしれません。
PA++以上の日焼け止めをこまめに塗り直すのが効果的です。
②肌が乾燥すると、バリア機能が弱くなり、日焼けをしやすくなります。
うるおい感のある日焼け止めを選ぶようにしましょう。
③朝早い時間でもUVAは急増するので、ワンちゃんの散歩やウォーキング時も日焼け止めを忘れずに塗るようにしましょう。

おすすめはアリトルアロット UVエッセンスクリーム・CCクリーム!

ア リトル ア ロット
UVエッセンスクリーム

詳細はこちら

ア リトル ア ロット
CCクリーム ベージュ

詳細はこちら

ア リトル ア ロット
CCクリーム ピンク

詳細はこちら